ブログ

2022/03/17(木)

【冷え、むくみ 、足がつる】足のトラブルに最適なエクササイズを正しく教えます!

カテゴリー:整体ブログ :11年間の臨床経験から得られた慢性腰痛への答え, 裸足への挑戦

 

————————————————————————————————————————————

【危険!】整形外科医は絶対教えてくれない、「腰痛治療85%の真実とウソ」

今すぐ自分の身を守りたい人はこちら↓

http://seitai-ehana.fem.jp/LP/mailmagazine1

————————————————————————————————————————————

  元理学療法士が教える、坐骨神経痛、ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症、ぎっくり腰、椎間板症などの辛い慢性腰痛をことごとく解決する方法

唯一のお城、二畳の書斎より、

 

今回のブログでは、足のトラブルについてです。

皆さんは、足に関するこんな症状ありませんか??

↓↓

【足つる むくみ 冷え】劇的!足のトラブルにはこれ! 【腰痛 整体 栄花】

 

足のトラブル、原因はこれです!

夜中寝ていると足がつる

お風呂に入っても足先がずっと冷えている

座っている時間が長くなると足がむくんで靴や靴下の跡がベッコリ

 

こんな症状、お心当たりあるのではなでしょうか? 

そもそもこれらの症状は何が原因で起こるのでしょうか?

 

様々な理由で起こります。

腰の疾患でもヘルニアや脊柱管狭窄症など、脊髄神経にストレスがかかてもなることがあります。

あるいはリンパ浮腫などでもむくみ などは生じます。

 

今回はそのうような病態がないのに、上記のような症状のでる人が対象になります。

そのような人は、扁平足や外反母趾など足部の変形が生じている場合が多いです。

 

足部の変形が足のトラブルを起こすワケ

足は一見すると、足首と足の指の一部しか動かないように見えます。

ですが、実はたくさんの骨から構成された部位なんです。

 

しかもこれらの骨は、ただ積み重なっているのではなく、立体的な構造をしています。

足部には主に3つのアーチ構造があります。

有名な土踏まず(内側アーチ)の他に、小趾側の膨らみ(外側アーチ)、5本の足趾が扇型(横アーチ)になっています。

これらのおかげで、衝撃を吸収したり、スムーズに走ったり歩けたりできます。

 

その立体構造を支えるのが靭帯・筋肉などです。

左側から、後脛骨筋肉、三角靭帯、足底筋(腱)膜、屈筋支帯

 

後脛骨筋肉→内側の土踏まずを引き上げる筋肉。

三角靭帯→内くるぶし下の大きな靭帯で、土踏まずが潰れるのを防ぐ。

足底筋(腱)膜→足裏でつっぱって内側・外側のアーチを支える。

屈筋支帯→内くるぶし後方の筋肉・腱・血管・神経を支える。

などです。

 

これらはほんの一部に過ぎず、他にもたくさんの組織がお互いに支えあって足部の立体構造を支えているのです。

 

当然、足の周りの血管や神経があります。

足の立体構造が破綻すると血流が悪くなります。

 

足の立体構造が崩れることで、組織に負担がかかり、足のトラブルになるのです。

 

足のトラブルを解決する方法とは?

皆さんが一般的な足のトラブルに見舞われてしまった時には、どんなことをしますか?

足裏マッサージでしょうか?

ストレッチでしょうか?

筋トレでしょうか?

 

どれもやり方次第では有効ですが、正しく行うのはやや難しい印象です。

足裏のどの部分をマッサージするのか、ストレッチの方法はあっているのか、正しく筋トレできるのか、など効果を出すためにはちょっとハードルが高いかもしれません。

そして次第にやらなくなっていく、、、

 

今回ご紹介するエクササイズはとても簡単です!

ただ足踏みするだけですから。

ほんのちょっと踏む場所を意識するだけですので、上記のようなケアよりは格段に簡単なはずです。

 

是非試してみてください!

 

足のトラブル解決法

準備するものは、

青竹踏み もしくは ペン

です。

 

一番重要なことは

「どこを踏むか?」

です。

 

見つけるべきポイントは2つ。

一つは、小趾側。

小趾をずっとたどっていくとポコっとした部分(第5中足骨頭)があり、ほんの少し行くと引っ込む部分があります。

ここです。

この部分は、外側のアーチ部分の要になる骨(立方骨)があるところです。

 

もう一つは、内側。

内くるぶしから斜め下に少し行くと、出っ張った骨(舟状骨)があります。

これは内側アーチの要になる骨です。

 

この二つのポイントを結んだ線上に、青竹踏みの頂点、もしくはペンを置いてください。

 

そして、その場で足踏みを50歩程度、1日3セットを目安に行なってください。

 

簡単にできる、足のトラブル解決法。

是非お試しください!

 

―平野 充

————————————————————————————————————————————

【危険!】整形外科医は絶対教えてくれない、「腰痛治療85%の真実とウソ」

今すぐ自分の身を守りたい人はこちら↓

http://seitai-ehana.fem.jp/LP/mailmagazine1

————————————————————————————————————————————

慢性腰痛専門、整体院「栄花」-EHANA-

http://seitaiin-ehana.com/

栄花公式ブログ

http://seitaiin-ehana.com/blog/

発行責任者;平野 充

発行者住所;〒062-0034 北海道札幌市豊平区西岡4条13丁目9-12

連絡先;ehana3263@gmail.com

Tel;090-2812-3263

 

 

 

12月12日(月)まで
【初回限定】先着5名様限定割引 → 残り3名様      

メールでのお問い合わせ・ご予約はこちら

ご予約は今すぐお電話で

090-2812-3263

【受付時間】9時~21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

このような方から多くのご相談いただいています
慢性的な腰痛の各種症状改善
急なぎっくり腰になってしまい困っている
骨盤の歪みに悩んでいる(骨盤矯正・スタイル調整)
腰のあたりが常にだるい・疲れやすい
出産後に腰まわりがだるい・痛い
腰の病気・けがで悩んでいる

※営業時間は9時~21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。