ブログ

2021/04/11(日)

【超簡単!】開脚するために必要なたった二つのストレッチ方法

カテゴリー:整体ブログ :11年間の臨床経験から得られた慢性腰痛への答え

 

————————————————————————————————————————————

【危険!】整形外科医は絶対教えてくれない、「腰痛治療85%の真実とウソ」

今すぐ自分の身を守りたい人はこちら↓

http://seitai-ehana.fem.jp/LP/mailmagazine1

————————————————————————————————————————————

  元理学療法士が教える、坐骨神経痛、ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症、ぎっくり腰、椎間板症などの辛い慢性腰痛をことごとく解決する方法

唯一のお城、二畳の書斎より、

 

今回の記事では、開脚できるようになるストレッチをお伝えします。

 

世の中にはたくさん開脚するための方法がありますが、二つのストレッチで完結します。

みなさん、複雑に考えすぎです。

たった二つですからね!

 

とは言ったものの、開脚するための条件はありますので、そちらももれなくご確認ください。

こちらのブログでご紹介しています

開脚に必要な二つの準備

 

では、ベターっと開脚するためのストレッチです。

どんなストレッチの方法かと言うと、、、

↓↓

 

開脚自体、腰痛の治療にもならないし、予防にもなりません。

はっきり言って意味はありません笑

 

でも、足開けたら、なんかいいですよね笑笑

 

開脚が使える場面としては、

・ストレッチの方法として

・柔らかさの指標として

・特殊な競技として

こんな感じです。

 

腰痛専門整体師の僕としては、太ももの後ろの筋肉の柔軟性を出すために開脚のストレッチを指導したりします。

また、腰痛を治療していく上で、骨盤のコントロールが重要になります。

 

そんな時、今回のストレッチをしてもらったりもします。

 

今回お伝えしている二つのストレッチ。

一つ目は、太ももの後ろのハムストリング(特に内側;半腱様筋)と股関節内転筋群のストレッチです。

 

片側ずつやっていって、慣れてきたら両足を開いてもいいです。

  

 

二つ目は、太もも内側の薄筋のストレッチです。

  

これは重力によって自然に筋肉が伸ばされるので非常に楽です。

注意点としては、お尻をしっかり壁につけること。

 

最初はこのお尻を壁につけると言うのがなかなかうまく出来ません。

先にお尻をつけてから寝っ転がるようにしてください。

 

これら二つのストレッチで、快適な開脚ライフをお楽しみ下さい!

 

―平野 充

————————————————————————————————————————————

【危険!】整形外科医は絶対教えてくれない、「腰痛治療85%の真実とウソ」

今すぐ自分の身を守りたい人はこちら↓

http://seitai-ehana.fem.jp/LP/mailmagazine1

————————————————————————————————————————————

慢性腰痛専門、整体院「栄花」-EHANA-

http://seitaiin-ehana.com/

栄花公式ブログ

http://seitaiin-ehana.com/blog/

発行責任者;平野 充

発行者住所;〒062-0034 北海道札幌市豊平区西岡4条13丁目9-12

連絡先;ehana3263@gmail.com

Tel;090-2812-3263

 

 

 

4月25日(日)まで
【初回限定】先着5名様限定割引 → 残り3名様     

メールでのお問い合わせ・ご予約はこちら

ご予約は今すぐお電話で

090-2812-3263

【受付時間】9時~21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

このような方から多くのご相談いただいています
慢性的な腰痛の各種症状改善
急なぎっくり腰になってしまい困っている
骨盤の歪みに悩んでいる(骨盤矯正・スタイル調整)
腰のあたりが常にだるい・疲れやすい
出産後に腰まわりがだるい・痛い
腰の病気・けがで悩んでいる

※営業時間は9時~21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。