ブログ

2021/04/06(火)

開脚に必要な二つの準備

カテゴリー:整体ブログ :11年間の臨床経験から得られた慢性腰痛への答え

 

————————————————————————————————————————————

【危険!】整形外科医は絶対教えてくれない、「腰痛治療85%の真実とウソ」

今すぐ自分の身を守りたい人はこちら↓

http://seitai-ehana.fem.jp/LP/mailmagazine1

————————————————————————————————————————————

  元理学療法士が教える、坐骨神経痛、ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症、ぎっくり腰、椎間板症などの辛い慢性腰痛をことごとく解決する方法

唯一のお城、二畳の書斎より、

 

今回は、開脚についてです。

 

以前の動画・ブログで

「開脚は意味なし」

と堂々と述べていました笑

※証拠はこちら→【腰痛】“股割り”以外やらないでください。開脚なんてもってのほか…

 

その気持ちに偽りはございません。

でも、

開脚って夢ありません?!

ロマンありません?!

ベターって脚、開いたらかっこよくないですか?!

 

ということで、開脚も正しい知識と正しいやり方が分かっていれば結構いけますよーって感じの内容になっています。

開脚に必要な二つの準備とは、、、

↓↓

 

【開脚とは?】

開脚というのは、膝を伸ばしたまま脚を開くこと(股関節の外転)だと思ってください。

 

膝を曲げながら脚を開いていく股割りとは別だと思ってください。

 

とはいったものの、正式な開脚と股割りの定義はありませんし、強いこだわりがあるわけではありません。

便宜上の言葉の使い方だと思ってください。

 

股割りは腰痛の治療、予防に効果があると述べてきました。

これは、本来の股関節の動きを発揮するのに最適だからです。

 

しかし、開脚は筋肉の長さがものをいう特殊な動きです。

柔軟性の評価方法として、ストレッチ方法として、特殊な競技の姿勢としての要素がほとんどですので、腰痛治療には関連が少ないのです。

 

【開脚ができるためには?】

上記で、開脚は筋肉の長さがものをいう、とお伝えしました。

 

特に太もも内側の薄筋と太もも後ろのハムストリングスという筋肉の長さ次第で、ベターっと行けるかどうかが決まるのです。

この二つの筋肉をどんどん伸ばせばイイんだ!という単純な話でもないんです。

 

筋肉を伸ばすために、開脚を正しくするために二つの準備が必要なんです。

それができないまま開脚のストレッチをしていると、股関節を炒めたり、腰痛が起きてしまったりします。

 

【開脚のための二つの準備とは?】

①脚を開いたときにつま先が外側を向いているか

脚を開く動きは股関節の外転という動きと同時に、外旋という動きを伴います。

つま先を外側に向けるということは股関節の外旋をするということなのです。

 

股関節の外旋がないまま外転すると、骨同士がぶつかってしまうのです。

これが一つ目の準備が必要な理由です。

 

②骨盤を垂直に起こせるか

開脚の姿勢をとった時に、骨盤が後ろに傾いたまま(背中が丸まったまま)でも一応手はつけられます。

少しですが、手を前に出すこともできます。

 

でもこれでは筋肉は伸びず、背中をどんどん丸めていくだけなのです。

 

そのうち背骨の動きの限界がきますし、それを超えてまるめようとすると腰や背中を痛めてしまうのです。

開脚で前に倒れていくのはあくまでも骨盤が前に倒れていくこと、すなわち、股関節が曲がっていくこと(屈曲、外旋、外転)なのです。

 

そのための運動が、動画で紹介したものです。

 

一つが、開脚の姿勢で股関節の付け根を内側・外側に振る。

 

もう一つが、開脚の姿勢で骨盤を起こす。

 

です。

こちらの準備をしっかり整えてから

Let’s KAIKYAKU!

 

 

―平野 充

————————————————————————————————————————————

【危険!】整形外科医は絶対教えてくれない、「腰痛治療85%の真実とウソ」

今すぐ自分の身を守りたい人はこちら↓

http://seitai-ehana.fem.jp/LP/mailmagazine1

————————————————————————————————————————————

慢性腰痛専門、整体院「栄花」-EHANA-

http://seitaiin-ehana.com/

栄花公式ブログ

http://seitaiin-ehana.com/blog/

発行責任者;平野 充

発行者住所;〒062-0034 北海道札幌市豊平区西岡4条13丁目9-12

連絡先;ehana3263@gmail.com

Tel;090-2812-3263

 

 

 

4月11日(日)まで
【初回限定】先着5名様限定割引 → 残り3名様     

メールでのお問い合わせ・ご予約はこちら

ご予約は今すぐお電話で

090-2812-3263

【受付時間】9時~21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

このような方から多くのご相談いただいています
慢性的な腰痛の各種症状改善
急なぎっくり腰になってしまい困っている
骨盤の歪みに悩んでいる(骨盤矯正・スタイル調整)
腰のあたりが常にだるい・疲れやすい
出産後に腰まわりがだるい・痛い
腰の病気・けがで悩んでいる

※営業時間は9時~21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。