ブログ

2021/02/05(金)

【腰痛あるある】その差10倍!しゃがみvsたたみ

カテゴリー:整体ブログ :11年間の臨床経験から得られた慢性腰痛への答え

 

————————————————————————————————————————————

【危険!】整形外科医は絶対教えてくれない、「腰痛治療85%の真実とウソ」

今すぐ自分の身を守りたい人はこちら↓

http://seitai-ehana.fem.jp/LP/mailmagazine1

————————————————————————————————————————————

 元理学療法士が教える、坐骨神経痛、ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症、ぎっくり腰、椎間板症などの辛い慢性腰痛をことごとく解決する方法

唯一のお城、二畳の書斎より、

 

腰痛持ちの人の悩みで、かなり多いのが

「下に落としたものを拾う時、どうすれば、、、」

結構この相談は受けます。

 

しゃがんだほうがいいのか?

腰をたたんだ方がいいのか?

 

明確な答えがあります。

間違えちゃうと10倍苦しむことになりますよ、、、

 

しゃがむと、膝をしっかり曲げなくてはいけません。

女性の場合はひねりが加わることもあります。

 

そして腰、背中はどうしても丸まってしまいます。

背骨は構造上、丸くなると(屈曲)不安定になります

 

さらに体幹の筋肉も働きにくくなるので余計ストレスになります。

 

一方、腰をたたむと、膝にはストレスはかかりません。

また、腰、背中を伸ばしたまま動作を遂行できるのです。

 

ここで問題になるのが、

“腰、背中を伸ばしたまま”

です。

 

これができていないと、かえって腰を悪くしてしまう動作になります。

20年以上前から背中を丸めることによる負荷量増大は証明されています。

下図1のような場合では、図2に比べて約10倍の剪断力(背骨同士がずれる力)がかかることが示されています。

Journal of Biomechanics,30(5),S.M.McGill et al,1997

 

また、ゴルファーがボールをカップから拾い上げる動作、この動作が背骨への負荷を軽減させることも示されています。

これは、股関節をてこの支点にし、上げた方の足で反動をつけて戻ってくるため腰に負荷がかかりづらいのです。

Kinney at al,1996

非常に理にかなった動きなんですね。

 

下に落ちたものを拾うときは、、、

①片足を後ろに引く

②背中、腰を伸ばしたまま手を伸ばす

 

これをしっかり守ってくださいね!

 

―平野 充

————————————————————————————————————————————

【危険!】整形外科医は絶対教えてくれない、「腰痛治療85%の真実とウソ」

今すぐ自分の身を守りたい人はこちら↓

http://seitai-ehana.fem.jp/LP/mailmagazine1

————————————————————————————————————————————

慢性腰痛専門、整体院「栄花」-EHANA-

http://seitaiin-ehana.com/

栄花公式ブログ

http://seitaiin-ehana.com/blog/

発行責任者;平野 充

発行者住所;〒062-0034 北海道札幌市豊平区西岡4条13丁目9-12

連絡先;ehana3263@gmail.com

Tel;090-2812-3263

 

 

 

3月3日(水)まで
【初回限定】先着5名様限定割引 → 残り3名様     

メールでのお問い合わせ・ご予約はこちら

ご予約は今すぐお電話で

090-2812-3263

【受付時間】9時~21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

このような方から多くのご相談いただいています
慢性的な腰痛の各種症状改善
急なぎっくり腰になってしまい困っている
骨盤の歪みに悩んでいる(骨盤矯正・スタイル調整)
腰のあたりが常にだるい・疲れやすい
出産後に腰まわりがだるい・痛い
腰の病気・けがで悩んでいる

※営業時間は9時~21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。