ブログ

2020/12/09(水)

ぎっくり腰、ソッコー治療法!

カテゴリー:ぎっくり腰, 整体ブログ :11年間の臨床経験から得られた慢性腰痛への答え

 

————————————————————————————————————————————

【危険!】整形外科医は絶対教えてくれない、「腰痛治療85%の真実とウソ」

今すぐ自分の身を守りたい人はこちら↓

http://seitai-ehana.fem.jp/LP/mailmagazine1

————————————————————————————————————————————

 元理学療法士が教える、坐骨神経痛、ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症、ぎっくり腰、椎間板症などの辛い慢性腰痛をことごとく解決する方法

唯一のお城、二畳の書斎より、

 

今回は、ぎっくり腰になった時の“ソッコー治療法”についてお伝えします。

しかも人の手を借りたり、特別な道具は必要ありません。

ただ、注意点がひとつあります。

ぎっくり腰の中でも、前かがみになると痛いヤツが対象です。

こちらはお守りください。

 

どんな方法かというと、、、

 

↓↓

 

まず押さえておきたいのは、ぎっくり腰という病態の理解です。

ぎっくり腰の病態がわかっていると、今から説明する方法(特に前かがみで痛いぎっくり腰に効果的)の有効性がお分かりになるかと思います。

 

その前に、腰の構成組織である椎間板について触れておきます。

椎間板という組織は衝撃の吸収や動きをスムーズにするのに重要な役割を持っています。

腰に痛みがある時、しばしば損傷部位となるのです。

 

椎間板は、中に髄核というゼリー状の物体があり、それを線維輪という組織で覆っています。

この髄核が腰の動きと共に動いてくれることで衝撃の吸収やスムーズな動きが可能になります。

髄核は、前にかがむと髄核は後ろに、逆に体を後ろに反ると前に移動します。

ぎっくり腰は、腰の構成組織である、骨、靭帯、関節包、椎間板などに微細な損傷が積み重なってできたものですが、特に前屈みで痛みが出るぎっくり腰は椎間板の後方の組織が傷んでいる状態です。

 

重いものを持つ、過度な猫背が長く続く、激しくくしゃみをするなど、何かの拍子に後方の線維輪が痛見ます。

そして髄核が後方の傷んだ線維輪にぶつかり炎症を起こす、これが前屈み型のぎっくり腰なんです。

こうなってしまうと、前かがみで激しく痛みを感じます。

後ろにずれた髄核を前に持ってくる必要があります。

そこで、今回ご紹介する方法なんです。

 

今回ご紹介する方法を行う前に、以前お伝えしていた、

備えあれば憂いなし!もしぎっくり腰になったら。

治療・予防をスムーズにする、ぎっくり腰からの生還方法

のごくごく簡単な5項目をクリアしておくと、治療がよりスムーズになりますよ。

 

それでは、実際の方法です。

事前準備として、クッションなどを用意してください。

 

①ゆっくりとうつ伏せになる

※この時胸にクッションを置く

②そのままの状態で1~2分キープ

 

③慣れてきたら少しずつ胸を起こして1〜2分キープ

 

④ひじを伸ばしていき1~2分キープ

 

⑤これを3セット繰り返す

 

体を起こしていった時に痛みがあっても、少し時間が経つと痛みが消えるようであれば大丈夫です。

痛みが強くなったり消えなかったら中止してください。

 

以上、前屈み型ぎっくり腰のソッコー治療法でした。

突然のぎっくり腰に備えて、準備しておきましょう!

 

―平野 充

————————————————————————————————————————————

【危険!】整形外科医は絶対教えてくれない、「腰痛治療85%の真実とウソ」

今すぐ自分の身を守りたい人はこちら↓

http://seitai-ehana.fem.jp/LP/mailmagazine1

————————————————————————————————————————————

慢性腰痛専門、整体院「栄花」-EHANA-

http://seitaiin-ehana.com/

栄花公式ブログ

http://seitaiin-ehana.com/blog/

発行責任者;平野 充

発行者住所;〒062-0034 北海道札幌市豊平区西岡4条13丁目9-12

連絡先;ehana3263@gmail.com

Tel;090-2812-3263

 

 

 

11月20日(土)まで
【初回限定】先着5名様限定割引 → 残り3名様     

メールでのお問い合わせ・ご予約はこちら

ご予約は今すぐお電話で

090-2812-3263

【受付時間】9時~21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

このような方から多くのご相談いただいています
慢性的な腰痛の各種症状改善
急なぎっくり腰になってしまい困っている
骨盤の歪みに悩んでいる(骨盤矯正・スタイル調整)
腰のあたりが常にだるい・疲れやすい
出産後に腰まわりがだるい・痛い
腰の病気・けがで悩んでいる

※営業時間は9時~21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。