ブログ

2019/06/29(土)

腰痛治療のニュースタンダード、“早歩き”に必要な上体エクササイズ

カテゴリー:整体ブログ :11年間の臨床経験から得られた慢性腰痛への答え

 

————————————————————————————————————————————

【危険!】整形外科医は絶対教えてくれない、「腰痛治療85%の真実とウソ」

今すぐ自分の身を守りたい人はこちら↓

http://seitai-ehana.fem.jp/LP/mailmagazine1

————————————————————————————————————————————

  元理学療法士が教える、坐骨神経痛、ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症、ぎっくり腰、椎間板症などの辛い慢性腰痛をことごとく解決する方法

北見の総合体育館の研修室より、

 

腰痛の治療に早歩きが有効と言い続けています。

今回は早歩きをするために必要なエクササイズをご紹介します。

 

ただ早く歩けばいいというわけではありません。

正しく早歩きをしないと正しい腰痛治療になりません。

どうせやるなら正しい早歩きを目指しましょう。

 

今回ご紹介する早歩きのポイントは

“上半身のねじれ”

です。

 

どういう動きかというと、、、

↓↓

歩く時の腕の振りが重要です。

可動域と正しい動きが重要です。

 

実際のエクササイズの方法です。

椅子に座って片手を頭の後ろにおきます。

 

次に、肘を後ろにねじります。

この時、肩甲骨を内側に(背骨に)寄せるようにひねります。

このイメージを持って肘を後ろに引きます。

 

ここで注意点です。

肘を後ろに引く時、お腹に力を入れます。

お腹に力を入れたまま息を止めないでください。

 

息を吐きながら引けるところまで引きます。

 

息を吸いながら元に戻します。

 

5回大きな動きを確認したら、次はスピードを上げます。

スピードを上げても引くときに息を吐く、戻しながら息を吸うことを忘れずに。

 

5回終わったら反対側。

両方とも終わったら、両手を頭に乗せて左右交互に捻ります。

 

付け足しの説明です。

お腹に力を入れる点に関して。

お腹に力を入れることで、腰がねじれづらくなります。

 

体をひねっているのですが、腰椎自体はあまりねじれません。

力が入っていないと腰椎が過剰に動いてしまい、かえって腰を悪くする可能性があるんです。

 

以上の点に留意しながら、早歩きのための正しい上半身の動きを獲得してください!

 

―平野 充

————————————————————————————————————————————

【危険!】整形外科医は絶対教えてくれない、「腰痛治療85%の真実とウソ」

今すぐ自分の身を守りたい人はこちら↓

http://seitai-ehana.fem.jp/LP/mailmagazine1

————————————————————————————————————————————

慢性腰痛専門、整体院「栄花」-EHANA-

http://seitaiin-ehana.com/

栄花公式ブログ

http://seitaiin-ehana.com/blog/

発行責任者;平野 充

発行者住所;〒062-0034 北海道札幌市豊平区西岡4条13丁目9-12

連絡先;ehana3263@gmail.com

Tel;090-2812-3263

 

 

 

12月15日(日)まで
【初回限定】先着5名様限定割引 → 残り3名様

メールでのお問い合わせ・ご予約はこちら

ご予約は今すぐお電話で

090-2812-3263

【受付時間】9時~21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

このような方から多くのご相談いただいています
慢性的な腰痛の各種症状改善
急なぎっくり腰になってしまい困っている
骨盤の歪みに悩んでいる(骨盤矯正・スタイル調整)
腰のあたりが常にだるい・疲れやすい
出産後に腰まわりがだるい・痛い
腰の病気・けがで悩んでいる

※営業時間は9時~21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。