ブログ

2019/06/20(木)

女子7人制ラグビー、トレーナー帯同記

カテゴリー:スポーツブログ:プロから育成まで、身体運動を科学する

 

————————————————————————————————————————————

【危険!】整形外科医は絶対教えてくれない、「腰痛治療85%の真実とウソ」

今すぐ自分の身を守りたい人はこちら↓

http://seitai-ehana.fem.jp/LP/mailmagazine1

————————————————————————————————————————————

  

森深くにあるラグビー場より、

 

先日、良いご縁をいただき女子7人制ラグビーのチームに帯同してきました。

僕自身、初めての競技帯同でした。

 

不慣れなこともありましたが、非常に多くの学びもあったので備忘録として帯同記を書くことにしました。

 

 

札幌市南区定山渓にあるラグビー場。

NPO北海道バーバリアンズラグビー&スポーツクラブが所有するこの場所で、同クラブが主催する第8回北海道バーバリアンズ7’sが行われました。

 

僕が帯同したのは東京39フェニックス

関東圏を中心に活動するチームです。

 

まず驚いたのはラグビーのタフさ。

 

どんな天候だろうと構わずゲーム。

横約100m縦約70mを7人で走り続ける持久力。

首が飛んでいくのではなかろうかと思うくらいのコンタクト。

ひざを中心とした大きなケガの経験者。

 

そして何よりこんなタフな状況を戦うのが7人の女性アスリートであるという事実(もちろん男子競技もあります)。

 

僕が帯同した二日間での主な仕事内容を記します。

 

初日。

朝7:30に宿舎にて選手と合流。

この時点で初めて選手と顔を合わせる。

当然、「なんだこのおっちゃん?あんちゃん?」って顔をされる。

 

事前に受け取っていた各選手のテーピングを巻く。

(テーピングで最大級に手間と時間がかかるのはひざのテーピング。そんなひざのテーピング希望者がわんさかわんさか、、、。そうです、ひざの大きなケガが頻発するのがラグビーなのです。)

 

テーピングを巻き終えた後、宿舎から徒歩5分の試合会場へ移動。

 

9:20からの第一試合のためウォーミングアップへ。

流石に未経験競技のアップはしません。

 

それに彼女たちにはルーティンワークでゲームまでに心と体を整えていく術を持っています。

  

これは僕が帯同するバスケットボールチームにも大いに還元できるポイントでした。

試合開始5分前までは、簡単なゲームでリラックス

試合開始1分前。一気に集中力を高める。戦う女の顔です。

アップの時はドリンクを運んだり、シャツをまとめたり、ボールを拾ったり、、、

とにかく何をしていいかわからない状況で仕事を探すのがしんどかった…

 

ただ、最初のゲームである程度の流れと業務が理解できたので、その後はそれなりに対応できていたと思う、、、多分。。。

トレーナーの仕事は“心遣い”なのだと再確認できました。

ゲーム中はとにかく大きなケガや事故が起きないことを祈るのみ笑

この大会中、ゲームでの大きなケガがなく本当によかった。。。

 

7分ハーフの14分間。

短いようですが、ほぼずっと全速力+コンタクなんで相当キツい。。。

右側の赤と黒のゲートを通って、選手達はいざフィールドへ!

 

ゲーム後はアイシングとリカバリー。

適度なストレッチと補食。

 

この辺りはさすが実業団チーム。

初日はゲームを4つこなしました。

 

聞くと、一日3試合まではよくあることらしいんですが、4試合はほとんど経験がない見たい。

めっちゃタフ。

 

夜はケアの時間。

最後の選手が終わったのは22:00でした。

自分にお疲れ様、という気持ちで温泉に浸かってから帰宅。

 

2日目。

この日は前日の予選リーグの結果を受けてのトーナメント。

前日同様、朝7時過ぎには宿舎に着き、テーピング。

 

結局、二日目は3試合を消化し、全体の5位で大会を終えました。

先ほども触れたように、まずは二日間で大きなケガ人なく終われたのが一番でした。

 

また、トレーナーの心遣いというものを学べました。

 

初日の途中から、選手とも徐々に打ち解けていき最後はハイタッチで大会を終わることができました。

 

とても勉強になり、自分の成長を感じられた二日間でした。

 

因みに、選手達からは、“年男”という事で、『平野さん』ではなく『トシオさん』と呼ばれていました。

彼女達のさらなる成長をこころより祈ってます。

GO GO PHOENIX !!

 

―平野 充

————————————————————————————————————————————

【危険!】整形外科医は絶対教えてくれない、「腰痛治療85%の真実とウソ」

今すぐ自分の身を守りたい人はこちら↓

http://seitai-ehana.fem.jp/LP/mailmagazine1

————————————————————————————————————————————

慢性腰痛専門、整体院「栄花」-EHANA-

http://seitaiin-ehana.com/

栄花公式ブログ

http://seitaiin-ehana.com/blog/

発行責任者;平野 充

発行者住所;〒062-0034 北海道札幌市豊平区西岡4条13丁目9-12

連絡先;ehana3263@gmail.com

Tel;090-2812-3263

 

 

 

11月20日(土)まで
【初回限定】先着5名様限定割引 → 残り3名様     

メールでのお問い合わせ・ご予約はこちら

ご予約は今すぐお電話で

090-2812-3263

【受付時間】9時~21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

このような方から多くのご相談いただいています
慢性的な腰痛の各種症状改善
急なぎっくり腰になってしまい困っている
骨盤の歪みに悩んでいる(骨盤矯正・スタイル調整)
腰のあたりが常にだるい・疲れやすい
出産後に腰まわりがだるい・痛い
腰の病気・けがで悩んでいる

※営業時間は9時~21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。