ブログ

2019/02/01(金)

【解決】ひざ痛の難敵、階段昇降

カテゴリー:ひざ痛

 

————————————————————————————————————————————

【危険!】整形外科医は絶対教えてくれない、「腰痛治療85%の真実とウソ」

今すぐ自分の身を守りたい人はこちら↓

http://seitai-ehana.fem.jp/LP/mailmagazine1

————————————————————————————————————————————

元理学療法士が教える、坐骨神経痛、ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症、ぎっくり腰、椎間板症などの辛い慢性腰痛をことごとく解決する方法 

とあるパワースポットより、

 

私は無宗教ですが、こういう所、好きなんです。

パワーをもらえる感じ。。。

今回は膝が痛い方へのメッセージです。

 

階段を昇り降りして膝が痛い方は多くいます。

病院でレントゲンを撮って、膝の軟骨がすり減って痛みが出ている、、、

 

よくそんなお話を聞きますが、、、

 

本当ですか?

私はこう思います、、、↓↓

 

軟骨には痛みを感じるセンサーがありません。

 

よって、階段での膝の痛みは膝以外の部分から来ていることが多いんです。

今回お伝えする部位は、“スネ”です。

ここが原因で膝痛が生じることが多々あります。

スネの外側にある腓骨。

 

腓骨に沿って走行する腓骨筋。

この筋肉が硬くなってます。

ですので、この筋肉の始まる部分をグリグリと押すことで硬さを取ることができます。

ではなぜ、そこが硬くなるのでしょう?

 

元々は膝周辺の筋力不足です。

特に太ももの筋肉(大腿四頭筋肉)が弱いと膝を支えられません。

 

するとスネの骨が引き離されるようなストレスがかかります。

そして腓骨が外側に開いてきてしまうのです。

 

これが腓骨由来のひざ痛のメカニズムです。

このような場合、いくら膝の筋トレをしてもなかなか良くなりません。

 

まず腓骨の位置を調整すること、そのために腓骨筋肉の張りを落とすことが必要になってきます。

 

病院で、軟骨がすり減って膝痛が生じていると言われたあなた。

ぜひ一度ご自分のスネを見直してみませんか。

 

―平野 充

————————————————————————————————————————————

【危険!】整形外科医は絶対教えてくれない、「腰痛治療85%の真実とウソ」

今すぐ自分の身を守りたい人はこちら↓

http://seitai-ehana.fem.jp/LP/mailmagazine1

————————————————————————————————————————————

慢性腰痛専門、整体院「栄花」-EHANA-

http://seitaiin-ehana.com/

栄花公式ブログ

http://seitaiin-ehana.com/blog/

発行責任者;平野 充

発行者住所;〒062-0034 北海道札幌市豊平区西岡4条13丁目9-12

連絡先;ehana3263@gmail.com

Tel;090-2812-3263

 

 

 

11月20日(土)まで
【初回限定】先着5名様限定割引 → 残り3名様     

メールでのお問い合わせ・ご予約はこちら

ご予約は今すぐお電話で

090-2812-3263

【受付時間】9時~21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

このような方から多くのご相談いただいています
慢性的な腰痛の各種症状改善
急なぎっくり腰になってしまい困っている
骨盤の歪みに悩んでいる(骨盤矯正・スタイル調整)
腰のあたりが常にだるい・疲れやすい
出産後に腰まわりがだるい・痛い
腰の病気・けがで悩んでいる

※営業時間は9時~21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。