ブログ

2018/10/06(土)

意外に知られていない肩こりの秘密、、、

カテゴリー:整体ブログ :11年間の臨床経験から得られた慢性腰痛への答え

 

元理学療法士が教える、坐骨神経痛、ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症、ぎっくり腰、椎間板症などの辛い慢性腰痛をことごとく解決する方法 

唯一のお城、二畳の書斎より、

 

今回のブログでは、肩こりに関連した

“脇こり”

に対するセルフエクササイズの続きをシェアします。

 

少しおさらいです。

 

肩や首の周りには細かい筋肉がたくさんあります。

そこが張っているからといって、むやみに押したりすると悪化する場合があります。

 

ではどのように、どこを狙えばいいのか?

こちらをご覧ください。

↓↓

 

肩こりと脇のコリには大きな関係があります。

 

今回注目していただきたいのは

“大胸筋”

です。

 

この筋肉は、上腕骨の上部(近位部)から胸骨・鎖骨に向かって大きく広がっています。

この筋肉が硬くなると、肩が前に持っていかれたり、肩甲骨が外側に開いたり、背中が丸まったりします。

 

さらには、肋骨の間が縮まってしまう場合もあります。

そうすると、肩甲骨の位置がずれて、肩・首回りの筋肉が張ってくるのです。

 

では、大胸筋の張りを緩めるやり方をお伝えします。

 

脇の下にご自分の親指以外の指4本を入れます。

そのまま親指で脇の前方をつかみます。

 

掴んだ部位を痛みのない程度につまみます。

そして掴んだ部位を引いたり、前後に揺すったりします。

そうすることで大胸筋が緩んできて肩こりがラクになるのです。

簡単に手軽にできるエクササイズです。

皆さんも是非、試してみてください。

 

―平野 充

慢性腰痛専門、整体院「栄花」-EHANA-

http://seitaiin-ehana.com/

栄花公式ブログ

http://seitaiin-ehana.com/blog/

発行責任者;平野 充

発行者住所;〒062-0034 北海道札幌市豊平区西岡4条13丁目9-12

連絡先;ehana3263@gmail.com

Tel;090-2812-3263

 

 

 

1月22日(土)まで
【初回限定】先着5名様限定割引 → 残り1名様      

メールでのお問い合わせ・ご予約はこちら

ご予約は今すぐお電話で

090-2812-3263

【受付時間】9時~21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

このような方から多くのご相談いただいています
慢性的な腰痛の各種症状改善
急なぎっくり腰になってしまい困っている
骨盤の歪みに悩んでいる(骨盤矯正・スタイル調整)
腰のあたりが常にだるい・疲れやすい
出産後に腰まわりがだるい・痛い
腰の病気・けがで悩んでいる

※営業時間は9時~21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。