ブログ

2018/09/27(木)

裸足セミナー体験記

カテゴリー:裸足への挑戦

 

元理学療法士が教える、坐骨神経痛、ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症、ぎっくり腰、椎間板症などの辛い慢性腰痛をことごとく解決する方法 

整体院近くの公園より、

 

私はこの2ヶ月くらい、裸足でのトレーニングに興味を持ち始めました。

そしてついに先日、裸足のセミナーに行ってきました。

 

新しい発見、知識の確認、面白いアイデアなど、非常に刺激的な半日でした。

ブログにて少しずつシェアしていきます。

 

講師は、一本歯下駄GETTAというトレーニングツールの開発者、宮崎 要輔氏。

最も基礎となる体の使い方はこちら

↓↓

 

裸足で歩くことで、走ることで、体に本来備わっている機能を呼び起こすという効果があります。

姿勢や体の使い方を改善することは、アスリートでなくても十分有益なことだと思います。

 

今回のセミナーで最初に教えてもらった内容で、裸足でトレーニングする上で(どんなトレーニングでも共通です)最も基礎的なことです。

 

“軸を作る”

 

です。

 

どんなエクササイズでもその軸の作り方を意識しなさい、とのことでした。

 

軸の作り方

まず、両手の薬指を曲げます

掌を上に向けながら、まっすぐ前方に突き出します。

 

イメージは、指先から“ビーム”が出るように

 

次に、肘を曲げながら手を引いていきます。

薬指に力を入れたまま。

 

すると、腰がしっかり伸びる感じ、骨盤が前傾して腰椎が前弯する状態、が得られます。

 

メカニズムとしては、手を後ろに引いていくと広背筋が働きます。

それに伴って肩甲骨も背骨に近づきます(内転)。

 

すると上体が起きて、背筋が伸びるのです。

そこに薬指を曲げるという要素を加えます。

 

これは、「おそらく」ということでしたが、手の中で一番曲げづらい指を曲げることで体幹のインナーマッスル(腹部の腹横筋、内腹斜筋、背部の多裂筋)に収縮が入りやすくなることを利用しているそうです。

 

インナーマッスルが機能しないと腰が反りすぎになり、腰痛の原因となります。

実際、当院にもそこが原因で来院される方が多いです。

 

この姿勢を維持した上で、スクワットや走るなどをしていくのです。

 

これから、この体の使い方を基本として、裸足のエクササイズをシェアしていきますね。

乞うご期待!

 

―平野 充

慢性腰痛専門、整体院「栄花」-EHANA-

http://seitaiin-ehana.com/

栄花公式ブログ

http://seitaiin-ehana.com/blog/

発行責任者;平野 充

発行者住所;〒062-0034 北海道札幌市豊平区西岡4条13丁目9-12

連絡先;ehana3263@gmail.com

Tel;090-2812-3263

 

 

 

11月5日(金)まで
【初回限定】先着5名様限定割引 → 残り3名様     

メールでのお問い合わせ・ご予約はこちら

ご予約は今すぐお電話で

090-2812-3263

【受付時間】9時~21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

このような方から多くのご相談いただいています
慢性的な腰痛の各種症状改善
急なぎっくり腰になってしまい困っている
骨盤の歪みに悩んでいる(骨盤矯正・スタイル調整)
腰のあたりが常にだるい・疲れやすい
出産後に腰まわりがだるい・痛い
腰の病気・けがで悩んでいる

※営業時間は9時~21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。