ブログ

2018/08/10(金)

あなたの脇腹にもこんな秘密が隠されてますよ・・・

カテゴリー:整体ブログ :11年間の臨床経験から得られた慢性腰痛への答え

 

脇腹に坐骨神経を改善する方法が隠されています  元理学療法士が教える、坐骨神経痛、ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症、ぎっくり腰、椎間板症などの辛い慢性腰痛をことごとく解決する方法

清々しい近所の公園より、

 

辛い足のしびれ。

辛い足の痛み。

少し立っているだけで、少し歩くだけで出てくるこのような症状。

 

本当にこれらが坐骨神経の痛みだと思いますか?

こちらをご覧になるとちょっと考え方が変わるかもしれませんよ・・・

↓↓

 

今回も坐骨神経痛に対する一つのアイデアをお伝えします。

今回ご紹介する場所は

 

“側腹部”

 

です。

 

ここは機能解剖学的に重要な臓器・組織が密集している部位です。

骨盤や胸郭は骨によって保護されいます。

 

しかし、脇腹下の側腹部は骨によって保護されていません。

しかも上半身、下半身の中間で上下から物理的ストレスを受けやすい部位でもあります。

 

そして構造上でも、深層部に腸腰筋、腎臓、腰方形筋と硬くなりやすい組織が密になっています。

筋膜リリースの理論から言うと、この部位は硬く(硬結・重責)なりやすい部位なのです。

正面像。腎臓の奥に腰痛と関連の深い腸腰筋が見える。

側面像。腎臓、腸腰筋、腰方形筋が密集しているのがわかる。ここが硬くなることで腰痛に。

この周辺が硬くなることで腰痛や下肢に痛みや痺れが生じることがあります。

その痛みや痺れを坐骨神経痛と勘違いしてしますケースが多いこと多いこと。。。

 

坐骨神経の支配領域である臀部から下肢後面の痛みでお悩みであれば、一度この考え方とご紹介した方法を是非試してみてください。

 

世界が変わるかもしれませんよ。

 

—平野 充

慢性腰痛専門、整体院「栄花」-EHANA-

http://seitaiin-ehana.com/

栄花公式ブログ

http://seitaiin-ehana.com/blog/

発行責任者;平野 充

発行者住所;〒062-0034 北海道札幌市豊平区西岡4条13丁目9-12

連絡先;ehana3263@gmail.com

Tel;090-2812-3263

 

 

 

8月8日(月)まで
【初回限定】先着5名様限定割引 → 残り3名様     

メールでのお問い合わせ・ご予約はこちら

ご予約は今すぐお電話で

090-2812-3263

【受付時間】9時~21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

このような方から多くのご相談いただいています
慢性的な腰痛の各種症状改善
急なぎっくり腰になってしまい困っている
骨盤の歪みに悩んでいる(骨盤矯正・スタイル調整)
腰のあたりが常にだるい・疲れやすい
出産後に腰まわりがだるい・痛い
腰の病気・けがで悩んでいる

※営業時間は9時~21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。