ブログ

2018/07/13(金)

足の甲の痺れは「冷え性だから」と誤解してませんか?

カテゴリー:整体ブログ :11年間の臨床経験から得られた慢性腰痛への答え

 

  

神戸のちょっと粋なホステルより、

 

ここで神戸最後の夜を過ごしています。

W杯盛り上がってますね(6/19現在)。

 

今回はヘルニアの足の痺れの話です。

ヘルニアは腰椎の椎間板の変性により、髄核が飛び出てしまい脊髄を圧迫するものです。

 

それに伴って足が痺れる事があります。

今回ご紹介するのは足の甲の痺れです。

 

ヘルニアと診断されて、足の甲の痺れで悩んでいるあなた。

もうどうしようもないと思っていませんか?

 

諦めないでください。

 

必ずしも腰から痺れがきているとは限りません。

一回ここを触ってみてください。

↓↓

諦めないで!ヘルニア、足の甲の痺れ編

諦めないで!ヘルニア、足の甲の痺れ編

 

膝外側の腓骨。

腓骨のちょっと後ろをぐっとつまんでみてください。

そのまま前後に揺すってみてください。

これで痺れが軽減する人は、触っている部分の腓骨神経によって足の甲の痺れが出ています。

 

腓骨という骨には腓骨筋や前脛骨筋、足趾の伸筋などが起始します。

実はこの腓骨は、少しですが、動くんです。

 

ほんの少しの動きでも、その動きがなくなるとそこに関わる筋肉は硬くなりやすいのです。

その結果、これらの筋肉ないの毛細血管や末梢神経が絞扼されて痺れを感じることがあるのです。

 

また、この骨の周辺には腓骨神経というスネの外側から足の甲にかけてを支配する神経が走行しています。

腓骨の動きが悪くなるとこの腓骨神経も動きが悪くなります。

 

その結果、スネ周辺から足の甲にかけての鈍い感じやピリピリする感じを訴える方が多いです。

腰のヘルニアと言われても、そこ以外が原因で痺れが出ていることは多々あります。

一度、あなたの足の痺れに膝外側の筋肉を緩めることを試してみてください。

 

—平野 充

慢性腰痛専門、整体院「栄花」-EHANA-

http://seitaiin-ehana.com/

栄花公式ブログ

http://seitaiin-ehana.com/blog/

発行責任者;平野 充

発行者住所;〒062-0034 北海道札幌市豊平区西岡4条13丁目9-12

連絡先;ehana3263@gmail.com

Tel;090-2812-3263

 

 

 

1月22日(土)まで
【初回限定】先着5名様限定割引 → 残り1名様      

メールでのお問い合わせ・ご予約はこちら

ご予約は今すぐお電話で

090-2812-3263

【受付時間】9時~21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

このような方から多くのご相談いただいています
慢性的な腰痛の各種症状改善
急なぎっくり腰になってしまい困っている
骨盤の歪みに悩んでいる(骨盤矯正・スタイル調整)
腰のあたりが常にだるい・疲れやすい
出産後に腰まわりがだるい・痛い
腰の病気・けがで悩んでいる

※営業時間は9時~21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。