ブログ

2018/07/07(土)

腰のヘルニアで太ももの裏が痺れる⁈あなたは本当にそれを信じますか?

カテゴリー:整体ブログ :11年間の臨床経験から得られた慢性腰痛への答え

 

  

神戸のすんげーホテルより、

 

今回も腰のヘルニアについてシェアします。

ヘルニアの症状としては、腰の痛み以外に足の痺れがあります。

病院でヘルニアと言われ、足が痺れる…。

よく聞きますよね。

ヘルニアによる足の痺れは、椎間板の変性を決起に脊髄が圧迫されて痺れが出る、というのが定説です。

ですが、必ずしもヘルニアだからといって痺れが出るわけではありません。

「ヘルニアだから痺れはしょうがない・・・」

と思ってる人、諦めないでください。

今回は、ヘルニアと言われて太ももの裏が痺れる人。

特によく聞いてください。

まずはこちらをご覧ください。

↓↓

諦めないで!ヘルニア、太ももの痺れ編

諦めないで!ヘルニア、太ももの痺れ編

座ってる時もそうですが、こんな格好で痺れが出る。

そんな場合は股関節が硬くて痺れが出るケースがあります。

 

そんな時はお尻の筋肉を緩める事で、もも裏の痺れが改善するケースが多々あります。

これは、お尻付近の坐骨神経や細かい筋肉の硬結により痺れが生じる、というロジックです。

今回ご紹介したのはそれらの中でも特に大腿筋膜張筋という筋肉が対象です。

 

腰骨(腸骨稜)とお尻の少し前(大腿骨の大転子)の間にある筋肉をグッと押してマッサージしてみてください。

ポイントはマッサージする側の足をリラックスする事です。

 

10~20秒ぐらい優しくマッサージしてみてください。

これで痺れがラクになる人は、この部分をマッサージする回数を増やしてください。

 

このマッサージにより大腿筋膜張筋の硬さがとれます。

すると血流の改善とともに抹消の神経への圧迫が解消される、というものです。

騙されたと思って、ぜひお試しください。

 

—平野 充

慢性腰痛専門、整体院「栄花」-EHANA-

http://seitaiin-ehana.com/

栄花公式ブログ

http://seitaiin-ehana.com/blog/

発行責任者;平野 充

発行者住所;〒062-0034 北海道札幌市豊平区西岡4条13丁目9-12

連絡先;ehana3263@gmail.com

Tel;090-2812-3263

 

 

 

1月22日(土)まで
【初回限定】先着5名様限定割引 → 残り1名様      

メールでのお問い合わせ・ご予約はこちら

ご予約は今すぐお電話で

090-2812-3263

【受付時間】9時~21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

このような方から多くのご相談いただいています
慢性的な腰痛の各種症状改善
急なぎっくり腰になってしまい困っている
骨盤の歪みに悩んでいる(骨盤矯正・スタイル調整)
腰のあたりが常にだるい・疲れやすい
出産後に腰まわりがだるい・痛い
腰の病気・けがで悩んでいる

※営業時間は9時~21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。