ブログ

2018/07/02(月)

諦めないで!ヘルニア、足裏の痺れ編

カテゴリー:整体ブログ :11年間の臨床経験から得られた慢性腰痛への答え

 

 

神戸のすんげーホテルより、

 

みなさん、ヘルニアって言われたことありますか?腰ですよ。

しかもそのせいで“足の痺れ”が出ている人!

さらにさらに、病院で「ヘルニアだからしょうがないよ。付き合っていくしかない。」と言われてしまった人。

 

諦めないでください!

 

上記のような人で、特に足の裏の痺れがある方はまずこちらの動画をご覧ください。

↓↓

諦めないで!腰のヘルニア、足の裏の痺れ編

諦めないで!腰のヘルニア、足の裏の痺れ編

 

確かにヘルニアで足裏が痺れることもあります。

そもそもヘルニアとは、椎骨と椎骨の間の椎間板の変性が起因です。

椎間板内のゲル状のクッション(髄核)が椎間板を覆う組織(線維輪)を突き破ってしまう病態をヘルニアと言います。

ほとんどが腰部、頚部に生じます。

 

これは腰部と頚部の椎骨にはたくさんストレスがかかるからなんですが…

別の時にしますね笑

 

とにかく、その突き破ったゲル状のものが脊髄を圧迫することで痺れや脱力などの神経症状を引き起こします。

 

こうなるとヘルニアが引っ込むか手術が必要です。

が、病院で画像所見では大したことないと言われる。

だけど痺れが出る・・・これはヘルニアの痺れなんだ・・・しょうがない・・・

 

そんな方、本当に諦めないでください!

 

実は、椎間板のヘルニアが原因で痺れるとは限りません。

いくつかのパターンがあるので、お伝えする方法を試してみてください。

 

足裏の痺れに対しては、膝の裏をマッサージしてみてください。

 

これは坐骨神経から伸びる神経が、筋肉によって痺れるという場合です。

膝の裏をマッサージして痺れが軽減するようなら、太ももの裏の筋肉やふくらはぎの筋肉を柔らかくすることで改善可能です。

 

是非試してみてください。

 

—平野 充

慢性腰痛専門、整体院「栄花」-EHANA-

http://seitaiin-ehana.com/

栄花公式ブログ

http://seitaiin-ehana.com/blog/

発行責任者;平野 充

発行者住所;〒062-0034 北海道札幌市豊平区西岡4条13丁目9-12

連絡先;ehana3263@gmail.com

Tel;090-2812-3263

 

 

 

1月22日(土)まで
【初回限定】先着5名様限定割引 → 残り1名様      

メールでのお問い合わせ・ご予約はこちら

ご予約は今すぐお電話で

090-2812-3263

【受付時間】9時~21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

このような方から多くのご相談いただいています
慢性的な腰痛の各種症状改善
急なぎっくり腰になってしまい困っている
骨盤の歪みに悩んでいる(骨盤矯正・スタイル調整)
腰のあたりが常にだるい・疲れやすい
出産後に腰まわりがだるい・痛い
腰の病気・けがで悩んでいる

※営業時間は9時~21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。