ブログ

2018/03/30(金)

男の裏ロマン筋;正しいストレッチング講座〜広背筋〜

カテゴリー:整体ブログ :11年間の臨床経験から得られた慢性腰痛への答え

 

広背筋のストレッチ方法を元理学療法士である、整体院栄花院長が正しく伝えます  男の裏ロマン。逆三角形を形成する大きな筋肉、広背筋。その作用と腰痛との関連とは?慢性腰痛専門、整体院栄花院長が広背筋の正しいストレッチをお教えいたします。

高校のバスケットチームの遠征の移動バス車内より、

 

本日からサポートする高校生のチームの帯同で、帯広に移動中です。

この遠征でも、選手達に“やるべきこと”を明確にして、しっかり成長できるように

促していきます。

 

今回お伝えする“正しいストレッチング講座”は

「広背筋」

です。

 

広背筋は非常に大きな筋肉で、大きな力を発揮する筋肉でもあります。

それだけに体への影響も非常に強いです。

広背筋がどのように体に影響を及ぼすか、まずはこちらをご覧ください。

↓↓

広背筋は上腕骨近位(型に近い部分)から起始し、胸腰椎や骨盤に付着する大きな筋肉です。

主な作用は腕を後ろに引く(肩関節伸展)ことですが、体が横方向に倒れる(側屈)のに抵抗する場合にも働きます。

 

また、意外なことに肩甲骨の下部にもくっついています。

よって、広背筋が硬くなることで肩甲骨の動きを制限または偏移させてしまう可能性もあるのです。

 

そして何と言ってもこの広背筋は綺麗なバックライン、すなわち後ろから見たときの素敵な逆三角形を形作る筋肉です。

こちら、“裏男のロマン”と名付けました(私が勝手に)。

 

広背筋が腰痛に及ぼす影響

広背筋は上腕骨を後方に引く作用があると言いました。

それが過度になると、肩と一緒に上部体幹部も後ろに惹かれてしまします。

結果的に腰を反るような姿勢になるのです。

 

腰が反ってしまうと腰椎部では運動の自由度が減ります。

すると腰を動かしたときに腰椎部に大きなストレスをかけてしまうのです。

 

広背筋が原因で腰痛が出現している人の特徴としては、後ろに反った時の痛みや横に倒した時の痛みがあります。

 

そんな方は広背筋のストレッチを試してみるといいかもしれません。

 

そんな広背筋をストレッチするポイントは、

①腕をしっかりあげること(肩屈曲)

②体をまっすぐ横に傾けること

です。

 

腰痛や肩こりだけでなく、姿勢にも大きく影響する筋肉です。

是非試してください。

 

—平野 充

 

慢性腰痛専門、整体院「栄花」-EHANA-

http://www.seitai-ehana.com/ 

栄花公式ブログ

https://ehanablog.wp-x.jp/

発行責任者;平野 充

発行者住所;

〒062-0034 北海道札幌市豊平区西岡4条13丁目9-12

連絡先;ehana3263@gmail.com 

Tel;090-2812-3263

 

 

 

12月12日(月)まで
【初回限定】先着5名様限定割引 → 残り3名様      

メールでのお問い合わせ・ご予約はこちら

ご予約は今すぐお電話で

090-2812-3263

【受付時間】9時~21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

このような方から多くのご相談いただいています
慢性的な腰痛の各種症状改善
急なぎっくり腰になってしまい困っている
骨盤の歪みに悩んでいる(骨盤矯正・スタイル調整)
腰のあたりが常にだるい・疲れやすい
出産後に腰まわりがだるい・痛い
腰の病気・けがで悩んでいる

※営業時間は9時~21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。