ブログ

2018/03/05(月)

正しいストレッチング講座〜大腿四頭筋〜

カテゴリー:整体ブログ :11年間の臨床経験から得られた慢性腰痛への答え

 

中臀筋、大臀筋、股関節、歩行、エクササイズ、慢性腰痛、整体院、栄花、理学療法士  ストレッチ、正しいストレッチング講座、大腿四頭筋、スポーツ、リハビリ、理学療法士、トレーナー、腰痛、慢性腰痛専門、整体院、栄花

唯一のお城、二畳の書斎より、

 

みなさん、こんにちは。

整体院 栄花の平野です。

 

本日お伝えする“正しいストレッチング講座”は、

『大腿四頭筋』

です。

 

太ももの前の筋肉ですが、こんなストレッチはよく見かけますかね?

 

特に部活動など多くのスポーツ場面で見られますが、実はこのやり方は間違っています(意図してこの方法ならOKの場合もあります)。

なぜ間違っているのか?

何が正解なのか?

大腿四頭筋の解剖学とともにこちらをご覧ください。

↓↓

 

大腿四頭筋は、四つの筋走行の総称なのです。

こんな感じです。

↓↓

ストレッチ、正しいストレッチング講座、大腿四頭筋、スポーツ、リハビリ、理学療法士、トレーナー、腰痛、慢性腰痛専門、整体院、栄花

 

もう一つ意外なことをお伝えします。

大腿四頭筋は膝を伸ばす時に強く働く筋肉です。

そこから、飛んだり跳ねたりするときもたくさん使う と誤解されている筋肉です。

 

ここで一つ質問です。

みなさん、ジャンプするときまたは走る時に大腿四頭筋はたくさん使うと思いますか?

確かに使うことは使います。

ですが、ジャンプする時の跳躍力を生み出すのに大腿四頭筋はあまり重要ではないのです。

 

同様に、早く走るための推進力・加速力に関して大腿四頭筋はあまり重要ではありません。

 

では、どんな時に大腿四頭筋をたくさん使うのか?

大腿四頭筋は重力に対して体を支えるのに使います(抗重力筋)。

あらゆる身体活動の際、足で体を支える際に使うのです。

特に、膝を曲げて体重を支える時に使うのです。

 

また、私がスポーツ場面で指導する際、“大腿四頭筋はブレーキングマッスル”という言い方をします。

 

ストップ動作、減速動作で役割が大きくなります。

先ほどのジャンプや疾走の場合、確かに地面を蹴って強い力を出すときは大腿四頭筋以外の筋肉を使いますが、それらの力を出す寸前に各関節を固定する必要があります。

その役割を担うのが大腿四頭筋(などの抗重力筋)なのです。

 

ですから、大腿四頭筋は普段の生活場面でもたくさん使うのです。

そして大腿四頭筋が疲労すると、体の各関節(特に膝関節)を支えられなくなります。

 

そうすると体の至る所にしわ寄せが生じ、体の不調になります。

また、一部骨盤に付着する筋肉もあるため、腰痛にも強く関連します。

このようなケースの場合、腰痛とともに膝を認める方も少なくありません。

そんな方に大腿四頭筋のストレッチを実施するとで改善が見られるのはこのためです。

 

改めて大腿四頭筋の重要性を理解していただき、大腿四頭筋のストレッチを日課にしてみてください。

 

—平野 充

 

慢性腰痛専門、整体院「栄花」-EHANA-

http://www.seitai-ehana.com/ 

栄花公式ブログ

https://ehanablog.wp-x.jp/

発行責任者;平野 充

発行者住所;

〒062-0034 北海道札幌市豊平区西岡4条13丁目9-12

連絡先;ehana3263@gmail.com 

Tel;090-2812-3263

 

 

 

6月3日(金)まで
【初回限定】先着5名様限定割引 → 残り1名様     

メールでのお問い合わせ・ご予約はこちら

ご予約は今すぐお電話で

090-2812-3263

【受付時間】9時~21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

このような方から多くのご相談いただいています
慢性的な腰痛の各種症状改善
急なぎっくり腰になってしまい困っている
骨盤の歪みに悩んでいる(骨盤矯正・スタイル調整)
腰のあたりが常にだるい・疲れやすい
出産後に腰まわりがだるい・痛い
腰の病気・けがで悩んでいる

※営業時間は9時~21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。