ブログ

2018/02/14(水)

スペシャリストからあなたへ 〜あなたの歩きを見直しませんか?〜

カテゴリー:整体ブログ :11年間の臨床経験から得られた慢性腰痛への答え

 

中臀筋、大臀筋、股関節、歩行、エクササイズ、慢性腰痛、整体院、栄花、理学療法士  中臀筋、大臀筋、股関節、歩行、エクササイズ、慢性腰痛、整体院、栄花、理学療法士

 

唯一のお城、二畳の書斎より、

 

みなさん、こんにちは。

整体院 栄花の平野です。

 

本日は股関節周囲筋のエクササイズについて。

 

あえてありきたりな内容を選択したのには訳があります。

そう、重要だからです。

 

なぜ重要か、どういう動きが必要か、まずはこちらをご覧ください。

↓↓

 

股関節周囲筋で特に重要視したいのは

“大臀筋”と“中臀筋”。

中臀筋、大臀筋、股関節、歩行、エクササイズ、慢性腰痛、整体院、栄花、理学療法士

もちろん、腸腰筋、内転筋群も重要なんですが、今回は大臀筋と中臀筋にフォーカスしています。

 

テーマは“重心”です。

特に歩いたり、小走りしたり、階段登ったり降りたり。

共通するのは片足で体重を受ける時間があることです。

 

当然、片足で荷重すると重心は荷重している方に移動します。

反対に荷重するとそちら側に重心が移動します。

この繰り返しです。

このように重心位置が動く中で、上記の股関節周囲筋群が働くのです。

 

ですが、この重心移動が大きくなると…

重心を物体と考えた時、体の中特に骨盤の中では遠心力が大きく働きます。

これが慢性的になると体に不調が生じる可能性が高くなります。

 

重心が大きく動くことで、身体内では以下のような力が大きく作用します。

中臀筋、大臀筋、股関節、歩行、エクササイズ、慢性腰痛、整体院、栄花、理学療法士

●は重心。
重心が大きくスウェーすることで、腰椎に側屈、股関節に過内転・回旋、膝に内旋のストレスがかかる

 

こうならないように、今回の股関節外転筋のエクササイズがあるのです。

通常(よく見られるのはリハビリ場面)、横向きで足を上げて止める のような訓練があります。

 

これでは単一局面での筋収縮しか得られず、不十分です。

歩行時、足をつくときは股関節が屈曲25°、伸展10°程度の範囲で荷重がかかります。

その動きに対応するには、今回ご紹介したエクササイズがいいでしょう。

 

少し負荷は強いかもしれませんが、普段よく歩く人は特に、このエクササイズに取り組んでもらいたいです。

 

ポイントは、体幹の筋肉(深部腹筋群)と協働して使うこと。

これを意識して行ってみてください。

 

—平野 充

 

慢性腰痛専門、整体院「栄花」-EHANA-

http://www.seitai-ehana.com/ 

栄花公式ブログ

https://ehanablog.wp-x.jp/

発行責任者;平野 充

発行者住所;

〒062-0034 北海道札幌市豊平区西岡4条13丁目9-12

連絡先;ehana3263@gmail.com 

Tel;090-2812-3263

 

 

 

1月22日(土)まで
【初回限定】先着5名様限定割引 → 残り1名様      

メールでのお問い合わせ・ご予約はこちら

ご予約は今すぐお電話で

090-2812-3263

【受付時間】9時~21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

このような方から多くのご相談いただいています
慢性的な腰痛の各種症状改善
急なぎっくり腰になってしまい困っている
骨盤の歪みに悩んでいる(骨盤矯正・スタイル調整)
腰のあたりが常にだるい・疲れやすい
出産後に腰まわりがだるい・痛い
腰の病気・けがで悩んでいる

※営業時間は9時~21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。