ブログ

2017/04/08(土)

メンタルコンディショニング〜ジュニア選手への挑戦〜

カテゴリー:スポーツブログ:プロから育成まで、身体運動を科学する

 

唯一のお城、2畳の書斎より、

 

3/25、3/26、北海道ジュニアオールスターバスケットボール大会がありました。今回、僕の尊敬する先輩が札幌選抜チームの指揮を執るという事でトレーナーとして招集していただきました。

結果は、16チーム中5位。各地域の選手に多くの経験をさせる という北海道ジュニアバスケットボール連盟の強化事業です。

約2ヶ月に渡り、選手が毎週末集まり、練習やゲームを通してチームを作っていく大会です。

 

今回はケガの管理はもちろんのこと、ゲームでのメンタルコンディショニングを含めたウォーミングアップを託されました。

 

本番までの間に、

①(その日の練習への)目標設定、②コンセントレーション、③リコンセントレーションという心理的スキルを紹介しました。

そして、ゲームでは

④リラクゼーション、⑤サイキングアップ

を追加しました。

 

僕は、本大会までに2回しか練習に合流できず、選手とのコミュニケーションが希薄でした。

やはり、接する機会が少ないことから、十分なメンタルトレーニングはできません。そればかりか、普段あまり聞きなれない気持ちの作り方で、選手に戸惑いを与えた可能性もあります。

 

まだまだメンタルトレーニングが北海道のバスケットボールに浸透していないな、と思う場面がありました。

コーチがアツい言葉をかけても選手は無反応。コーチと選手とに温度差。原因は、おそらく、選手が自己決定する習慣がないからだと考えます。たいていの選手は、コーチからの指示待ち、自分で何をしたらいいのかわからない、自分の目指すべきバスケットスタイルが不明瞭なのだと感じました。

 

 

←バスケット経験者なら誰もが納得するような、コーチの的確な指示。でも、どことなく選手は自信なさそうな表情…

 

 

結果、選手はパフォーマンスを出しきれず、何がうまくいかないのかわからず負けてしまう…。実際、本戦初日のブロック予選の一発目。相手も乗り切れず、勝つチャンスは十分にあった試合を落としてしまいました。

 

←負けた直後なのにガッツポーズを取らされる…

 

 

ゲーム前、選手には「一つでいいから、コートでこれだけは必ず実践する というプレーを決めなさい」と伝えました。簡単なことです。勝ち負けは関係なくたった一つやるべきことを決めて実践するだけです。一つのことにフォーカスした時、やるべきことが明確な時、ゾーンに入ることが示されています。

しかし結果は…。この敗戦後、選手に実践できたかを聞いたところ、ほとんどの選手ができなかったそうです。

 

僕の言葉での伝え方が悪い、コンセントレーション方法が不明確などの要因が考えられます。どちらにしても選手に実力を発揮させられなかったのは、トレーナーである僕に責任があります。

 

選抜チームとはいえまだ中学生。気持ちの作り方、切り替え方が未熟なのは当然です。ただでさえ入りが難しい大会緒戦。もう少し時間をかけてリラクゼーション、目標設定、サイキングアップが必要だったと反省しました。。。

 

ただ、ここでやることを変えてしまっては、余計に選手を混乱させるだけ、と自分自身強い気持ちを持って二日目に臨みました。

 

 

二日目のウォーミングアップでは、リラクゼーションに時間をかけること、僕ら大人も本気で臨んでいることを伝えるために選手以上に声を出すこと、目標へのフォーカス・イメージを十分すること、を意識して声かけしました。

 

その結果、順位決定戦というプレッシャーがかかったゲーム、その前でもしっかりリラックスした表情が見られました。そして、ゲームでは最高のパフォーマンスを観せてくれました。

 

 

←選手達が自然に円陣を組むぐらい気持ちは一つに。

 

 

緒戦では、defに構えた瞬間に尻餅をついてしまう選手、何もできなくてゲーム中に泣いてしまう選手、普段のようなバスケットを全くやろうとしない選手も、、、。それが最終戦では、堂々と自分の力を発揮してくれました。

 

 

 

←力を出しきれて、選手は充実した表情でした。その頑張りにスタッフ、父兄、全員で喜びを分かち合えました。

 

もちろん、力を発揮できた要因はメンタルの問いかけだけではないかもしれません。コーチの方々が練習段階からゲーム前中後に素晴らしい導き方をしていたので、選手は迷うことなく集中できたことは確実です。

ですが、選手自らがフォーカスすることを自己決定して、そのイメージを十分膨らませて、気持ちの波をあえて作ることで、ゲームで自分の実力を100%出し切れるような精神状態を作れたという経験ができたのも事実です。この経験を今後の人生に少しでも生かしてもらえたら、こんなに嬉しいことはありません。

 

今回、ケガの管理とウォーミングアップ、クールダウンを担当しました。特にウォーミングアップの段階での、気持ちの作り方を強調しました。普段、中学生に対するサポートはあまりない事、選抜チームなので関わる機会自体が少ない事へのアジャストが非常に難しかったです。しかし、最終的にしっかり力を発揮するところを見ることができ、非常に勉強になるトレーナー活動でした。


 

 

 

 

↑→

関わった数が少ないトレーナーの僕にまで手作りの贈り物をいただきました。ありがとうございました。

 

 

 

1月22日(土)まで
【初回限定】先着5名様限定割引 → 残り1名様      

メールでのお問い合わせ・ご予約はこちら

ご予約は今すぐお電話で

090-2812-3263

【受付時間】9時~21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

このような方から多くのご相談いただいています
慢性的な腰痛の各種症状改善
急なぎっくり腰になってしまい困っている
骨盤の歪みに悩んでいる(骨盤矯正・スタイル調整)
腰のあたりが常にだるい・疲れやすい
出産後に腰まわりがだるい・痛い
腰の病気・けがで悩んでいる

※営業時間は9時~21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。