ブログ

2016/11/01(火)

骨盤帯を立体的に操作。股関節外転筋群の秘密。

カテゴリー:スポーツブログ:プロから育成まで、身体運動を科学する, 整体ブログ :11年間の臨床経験から得られた慢性腰痛への答え

 
唯一のお城、2畳の書斎より、
 
本日は股関節外転筋の機能について。
 
股関節を外側に開く筋肉で、中臀筋、大腿筋膜張筋、大臀筋の一部などが主に働きます。
 
ですが、ほとんどの場合これらの筋肉は片足での重心位置操作に寄与します。
 
片足に体重が乗った際の骨盤の制御、股関節部の安定、左右への重心のブレを制動するなど、股関節外転筋の機能は多岐に渡ります。
 
理学療法の分野では、上記の中臀筋という筋肉の不十分な働きが膝の重篤なケガ(前十字靭帯損傷など)の要因となり得ると報告されています。
 
特に女性の場合は骨格上の特性からもこの筋肉の機能が重要となってきます。
 
また、腰痛患者さんにも中臀筋の筋力低下・機能低下がみられるケースがあります。先にも述べましたが、股関節外転筋群は動作中の骨盤の動きを立体的に制御します。制御が効かないと腰椎の過剰な動きになったり、太ももの外側の張りを作って腰部の筋肉を突っ張らせる事も考えられます。
 
このように、股関節外転筋の機能をしっかり把握して、今後のセルフエクササイズに活かして頂ければ幸いです。
 

 

 

1月22日(土)まで
【初回限定】先着5名様限定割引 → 残り1名様      

メールでのお問い合わせ・ご予約はこちら

ご予約は今すぐお電話で

090-2812-3263

【受付時間】9時~21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

このような方から多くのご相談いただいています
慢性的な腰痛の各種症状改善
急なぎっくり腰になってしまい困っている
骨盤の歪みに悩んでいる(骨盤矯正・スタイル調整)
腰のあたりが常にだるい・疲れやすい
出産後に腰まわりがだるい・痛い
腰の病気・けがで悩んでいる

※営業時間は9時~21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。